TOP

風俗が好きすぎて週一で行ってしまう私の体験談です。

正直、川崎の風俗は状況次第ですよね

家から最寄の川崎の風俗(https://fuzoku.jp/kanagawa/a_2054/)をどんなタイミングで利用するのかとか、どの女の子にするのかとかはすべて状況次第というかケースバイケースな感じです。
風俗を楽しみたい気持ちはあっても、ポリシーと呼べるような大げさな物を自分は持っていないんですよ。だからその場の気持ち次第ですね。楽しみたい気持ちがあればそれで楽しめると思いますし、逆にもっといろいろなことを楽しみたいと思ったらそれを満たしてくれる風俗を利用しますし。だから川崎でどの風俗を利用するのかは本当にその時の気分によって全然違うんですよ。ピンサロでとことんフェラだけをしてもらいたい時もあれば、ソープでおもてなしかのように大切に扱われたい気持ちもあるんです。
どんな気持ちになるのかは分かりませんが、どんな気持ちになっても楽しめるジャンルがあるのも川崎の風俗の強みだと思うので、自分の気持に正直になって楽しむようにしています。それでも十分に楽しめるからこそ、誰にとっても風俗は素晴らしいんですよね。

風俗の転換期なのかもしれない

もしかしたらそろそろ自分自身、風俗では転換期なのかもしれません。スポーツ選手でもベテランになってくるとプレイスタイルが変わってくるじゃないですか。まさに自分もそうで、これまでのような川崎スタイルの若くて勢いのある風俗じゃなくて、もっとじっくりとした時間を過ごせるようなスタイルに転換すべき時期に来ているのかもしれないなと思うようになってきたんですよね。
どうしても体力も落ちてきますし、それ以上に自分の環境が影響してますね。一応は出世になるんですけど、現場から背広組に変わったんですよ。すると、それまで現場にたくさんいた若い女の子とは接点がなくなって、事務方とばかり会うようになってきて。仕事だから仕方ないとはいえ、若い女の子そのものが恋しくなってきたので、快感だけではなくて女の子の存在そのものまで楽しみたいと思うようになってきたんですよ。
もしかしたら自分の単なるわがままなのかもしれないんですけど、でもそういった気持ちが川崎の風俗へ通う原動力の一つですよね。